Couleure cafe

なにげない日常のワンショットですが
その向こうにある感情に少し共感してもらえたら嬉しいな・・・と思います
少し時間が出来たときにのぞいていってもらえて、ホッとしていただけたら・・・

時計草
0

    ■時計草は子供たちが

    初めて見た時の反応を何故か

    よく覚えています。

    そんな事を思い出していると

    そうだ、サツキが消防車見学の時もはしゃいでいたなぁ・・

    と、懐かしく振り返りました。

    それはどれも夏のが始まる時でした

     

    ▽切り花で庭に咲いているものをいただき

    同じ色の花瓶に活けました

     

     

     

    | 05Flower5(他) | 12:34 | comments(0) | - |
    雨の月曜日
    0

      ■オミナエシは雨が続いても

      すくすくと育っているようです。

      空で低くツバメの親子が舞っています

      ▽ふと、どんな夏のが来るのだろうと

      遠くを見て想いました。

      どの年よりも

      どんな夏にするかは自分次第のような気がしてきました。

      どうせなら、いい夏にしよう

      いや、しなくてはならないのではないかな・・と

      想ったのです。

       

      | - | 20:51 | comments(0) | - |
      雨の止んだ日曜日
      0

        ■何日ぶりに雨が止んだのでしょう

        止んだ空を見ても、どうせすぐに降るだろうと

        思ってしまうほど、雨は続きました。

        妹の誘いで、久々に兵庫県の北を向いて

        車を走らせ、出石の皿蕎麦を食べてきました。

        お昼前に出発して少し遅い昼食です。

        お互いに子供に手がかからなくなり

        「なんと24時間、時間があるんだと久々に感じたな」

        などと笑いました。

        振り返ると、どの年代も時間が足りなくて

        これから、自分に時間が使えるなんてすごくない?

        などと・・話し

        長く母親をやってきのだなぁ・・と実感です。

         

        ▽雨が止んだ日曜日で人手が多いかなと思いましたが

        いつもの半分以下の感じでした。

         

        | - | 20:40 | comments(0) | - |
        今という時間
        0

          ■ハーブのフェンネルのイエローに

          水滴がたまっていました

          続く雨と増えていく感染者数に

          先が見えないぶん

          どんどんと、顕微鏡を覗くように

          足元、今を見つめます

          この時間を振り返ると時

          どうありたいか・・・

           

          | - | 22:40 | comments(0) | - |
          香りと記憶
          0

            ■ツバメのヒナたちが親鳥と一緒に

            帰ってくる時間は調度夕暮れ時です。

            子供たちが帰ってきた時と同じ

            ホッとした気持ちになります。

            クチナシの香りが流れます。

            満たされた時間です。

            この香りとリンクしてまた

            思い出す日があると思います。

             

            ▽地植えと鉢植えがありこちらは

            鉢植えの小ぶりな花の方ですが、

            好きな場所に運べで香りを

            楽しみやすく気に入っています

            | - | 22:41 | comments(0) | - |
            夜明け
            0

              ■午前4時50分、小鳥のにぎやかな

              鳴き声で、出発してるな・・と分かりました。

              外に出て見ると、電線に音符のように

              ツバメの親子が停まって今日の予定を

              話しているようでした。

              この時間の庭は不思議です。

              見てはいけない、妖精のようなものが

              まだ夜の続きでそこにたたずんでいるような

              気配があります。

              ビオトープの前にトノサマ蛙が居ました

              毎年姿を見かける蛙です。

              青白い夜明けの空気の中では

              何かの化身のようでした

               

              | 10Landscape | 21:15 | comments(0) | - |
              青田風
              0

                ■少し雲の切れ間があり

                陽射しがさしました。

                久しぶりに感じます

                田の稲も庭のハーブと同じように

                知らない間に随分と伸びていました

                渡っていく風に吹かれて白い蝶が

                今年も大海原を飛ぶように

                この上を渡っていました

                | - | 13:10 | comments(0) | - |
                長雨
                0

                  ■雨が続くと庭にもいかず

                  気づかない事が多く、今日本当に驚きました。

                  一季咲きと思いこんでいた薔薇の2株が蕾を

                  付けていて、「あなた誰?」というほど

                  立派な勢いのある株になっていました。

                  春先は病気がちでひ弱だったのに・・

                  薔薇も子供もある程度は放っておくのが

                  いいのかも?

                  娘は微妙に反抗期で

                  「ママがご飯食べてと言うと、食べたくなくなる

                  どうして?どうして?」と自問していました。

                  それは「反抗期」というのですよ!

                  ▽こちらも咲くべき時に虫にやられて

                  咲けなかったのですが、夏、リベンジ咲です(笑)

                   

                  ▽初めてのダリア、彫刻のような美しさ

                   

                  | - | 12:45 | comments(0) | - |
                  見直し
                  0

                    「一生に一度は、映画館でジブリを。」

                    という企画でスタジオジブリ4作品が全国の

                    劇場上映されていますね。

                    姪のHちゃんは「もののけ姫」を

                    観てきたと言っていました。

                    作品は観た年齢で、理解できる範囲や

                    感じ方も変わりますね。

                    Hちゃんは、ジブリは何度見ても新しい

                    発見があると。本当にそうですね!

                    娘が8年前に観た「コクリコ坂から」が当時あまり

                    理解できなかったので、

                    今、観なおしたいと・・

                    なるほど、8年前は7歳、

                    これは分からないですね。

                    映画も本もある程度時間が経った時、

                    また違った視点を持った人になって

                    作品を味わい直せるのは

                    楽しみな事だなと思いました。

                     

                    | - | 14:48 | comments(0) | - |
                    人工衛星の木
                    0

                      ■草木が芽吹く5月にもまだ枯れ枝だったので

                      枯らしてしまったかと思っていましたが

                      気が付けば花が咲いていました。

                      タニワタリ、人工衛星の木という名前です。

                      それぞれの宇宙

                      紫陽花の木陰でクルクルと可愛く

                      回っているようです

                      一瞬の晴れ間でした。

                      | 05Flower5(他) | 12:09 | comments(0) | - |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      banner
                      モバイル
                      qrcode
                      PROFILE